【2022最新】予算15万円で買えるおすすめゲーミングPC3選!

「15万円で快適にゲームプレイできるゲーミングPC買いたいけど、知識が無くてどれがいいのかわからない」「ちゃんと予算決めて買うなら、最大限ハイスペックなゲーミングPCを購入したい」

こんな疑問を持たれたり、悩んで考えてしまう方もいると思います。

なので本記事では、

  • 15万円のゲーミングPCの性能について
  • 予算15万円のゲーミングPCを選ぶ時のポイント
  • 15万円のおすすめゲーミングPC

こちらの内容で解説していきます。

さらに、予算15万円のゲーミングPCに搭載しておきたい各パーツについても焦点を当てて解説しているので、これから予算15万円でゲーミングPCの購入を検討している方には、間違いなく参考になるはずです!

ゲーミングPCの価格相場は?15万円は高い?

ゲーミングPCの価格帯は「10万~15万」「15万~20万」と様々です。数あるゲーミングPCの価格帯の中でも、15万円ゲーミングPCは最も売れている平均的な相場であると言えます。

最も売れていて平均的な相場になっている理由は、リーズナブルな価格で性能値がミドル~ややハイスペック寄りのゲーミングPCが、15万円で展開されているからです。

つい最近であれば「RTX-3060+Core i5 12400」「RTX-3060+Core i7 12700」の組み合わせが、15万円の価格帯で展開されている事も少なくないため、上述したような組み合わせを15万円で購入できる際は安い or 妥当と判断しています。

逆に言えば15万円のゲーミングPCでGTX-1650 or GTX-1660 Super搭載であれば、構成次第ですが高いと判断しています。シンプルにグラボの性能値がRTX-3060の半分程度だからです。

15万円は価格相場ではありますが、ゲーミングPCによって性能は違い、構成次第では高いとも安いとも言えるでしょう。

15万円のゲーミングPCはどのくらい快適に遊べる性能がある?

15万円ゲーミングPCは「Apex legends VALORANT フォートナイト」などの人気ゲームで144fps以上を安定して出せるため、快適なゲームプレイを実現できます。

さらに現時点のPC環境においてはミドル以上のスペックを搭載しているので、ゲーム配信しながらでも快適にゲームプレイができますし、カクツクなどのストレスもありません。

さらに上述した人気3タイトルであれば、設定を下げることで240fpsを安定的に発揮することも可能です。

現時点で人気のfpsゲームをプレイするのであれば、スペック不足を感じることなく快適なゲームライフを満喫できる性能が15万円ゲーミングPCには搭載されています。

15万円のゲーミングPCを選ぶときの注意点は?

「人気ゲームタイトルが快適にプレイ出来る」「配信をしてもストレスがない」これだけ見ればメリットしかないですよね。ですが15万円ゲーミングPCでも注意するべき点、デメリットはもちろん存在しています。

あくまで快適にゲームプレイや配信が行える範囲は「Apex Legends VALORANT フォートナイト」が限界になるということです。

もちろん重たいゲームでも設定を下げれば144fpsは出せますが、20万円前後のゲーミングPCと比較すると性能不足を感じることも多々ありますね。

ですので15万円のゲーミングPCを選び購入する上での注意点について、細かく見ていきましょう。

少し重いゲームだと240fps安定でプレイすることは難しい

15万円のゲーミングPCのスペックでも「Apex Legends VALORANT フォートナイト」で、最高設定にして240fpsを安定的に出し続けるのは厳しいです。

15万円のゲーミングPCは中設定~低設定であれば240fpsが実現できる程度のスペックになります。画質にもfpsにも拘って240hzモニターを活かしたいのであれば、RTX-3070以上を搭載した20万円以上のゲーミングPCが必要になります。

となると、よりスペックが要求されるゲームは当然性能不足になってきます。例えば昨年11月にEA発でリリースされた「BF2042」などは240hz安定は厳しいです。むしろ200fpsを下回ることの方が多いですね。

「BF2042」の推奨動作環境はRTX-3060となっていますが、これはあくまで推奨値でしかありません。

「BF2042」のように要求スペックが高いゲームで、240fpsあるいは200fps以上を安定的に出したいのであれば、20万円前後のゲーミングPCを検討した方が良いでしょう。

20万円のゲーミングPCと比べると性能面での寿命は短い

現時点で流行しているゲームプレイがメインであれば15万円でも問題はありません。しかし20万円前後のゲーミングPCと比べ、15万のゲーミングPCを使用していると2~3年後には「スペックが足りないなぁ」と感じてしまうかもしれません。

なぜなら昨年リリースされた「BF2042」ですら、RTX-3000番台のミドルクラス「RTX-3060」が最低ラインとされているからです。

このように1年後、2年後にはRTX-3070 or RTX-3080を要求するゲームタイトルがリリースされていく可能性もあります。年々ゲームプレイに要求される性能値が上がり、比例してゲーミングPCの性能値も上がっていきますからね。

ただし、15万円のゲーミングPCでもミドル以上のスペックがありますし、それでいてコスパも良いです。なので15万円のゲーミングPCを選んだとしても悪手ではありません。

この先リリースされるゲームを、高設定で快適にプレイしたいのであれば20万円前後のゲーミングPC、とりあえずプレイができるなら満足という方は15万円のゲーミングPCを購入すると良いでしょう。

15万円のゲーミングPCの選び方は?

一重に15万円のゲーミングPCといっても、販売されているゲーミングPCにより性能にも差があります。

AのゲーミングPCが16万で性能値はミドルスペック、BのゲーミングPCは15万円弱で性能値はハイ寄りのミドルスペック、こんなケースですね。

販売店などでも差異があり、15万円のゲーミングPCの理想値を把握していなければ損をする可能性もあります。

ですので15万円で買えるゲーミングPCの理想値を各パーツごとに解説していきます。

15万円以下で選ぶCPU

15万円ゲーミングPCで理想値となるCPUの選び方は2パターンあります。

1つ目は「ゲーム配信」を視野に入れる場合です。1台のPCでゲーム+配信ソフトを同時起動しなければいけないため、CPUが性能不足であれば、ストレスを感じる可能性があります。ゲーム配信を視野に入れるならおすすめは以下のCPUです。

IntelAMD
Core i7-12700Ryzen 7 5700X

上記2つのCPUであれば同時起動でも処理できるだけの性能があるのでおすすめですね。

2つ目は「ゲーム配信」を視野に入れないで、GPUを含む他パーツに予算を割きたい方におすすめのCPUです。

IntelAMD
core i5-12400FRyzen 5 5600X

CPUのコストを抑え、できるだけハイクラスのGPUを搭載したい場合は、上記2つがおすすめになります。

どちらのパターンのCPUでも、RTX-3060クラスのGPUであればボトルネックは起きないため、最適な組み合わせが実現可能になります。

15万円でも選択肢があるため、ご自身の使用用途に合わせてCPUを選んでいきましょう。

15万円以下で選ぶGPU

では次は15万円ゲーミングPCで理想値となるGPUです。こちらもバランスを取る選択、快適なゲームプレイを最優先する選択の2つがあります。

NVIDIA
RTX-3060 or RTX-3060Ti

予算を考慮してバランスを取るのであればRTX-3060がおすすめです。予算15万円の範囲内であればリーズナブル且つ高性能なGPUになります。

ゲームプレイを最優先にするのであればRTX-3060Tiがおすすめになります。ただし価格はRTX-3060の1.5倍ほどに跳ね上がるため、CPUのグレードを下げたりして予算をGPUに回す必要性が出てきます。

その他パーツにも予算を回しつつ、快適なゲームプレイを目指すならRTX-3060。

ゲームプレイのみを重点的に考慮し、重いゲームもプレイしたいのであれば、予算を回してRTX-3060Tiにすると良いでしょう。

15万円以下で選ぶメモリ

15万円のゲーミングPCであれば、メモリの最低ラインは16GBになります。とはいえ、BTOでも初期構成でメモリ16GB積まれていることも多いため、特に気にする必要はないでしょう。

ただし、これはあくまでも使用用途がゲームプレイのみの場合となります。

ゲームプレイ+ゲーム配信をしたい」「動画編集もする予定」という方は、余裕をもって32GBを選択することをおすすめします。

メモリが不足してしまうとゲームも配信も落ちてしまいますし、フリーズなど早期故障の原因にもなりうるからです。16GBでは不安ですが、32GBあれば処理落ちやフリーズが起きる可能性も低くなりますからね。

マザーボードの規格によってスロット数は違いますが、メモリスロットに余裕があるなら後々増設を検討する形でも問題はありません。

15万円以下で選ぶストレージ

15万円ゲーミングPCのメインストレージには必ずSSDを導入しましょう。ゲームのロード速度に影響します。もちろんHDDよりSSDの方が圧倒的に速いからです。

動画ファイル・動画編集などでもSSD>HDDは覆りません。メインストレージにHDDを搭載するのは、今の時代では時代遅れとまで言われていますからね。

15万円のゲーミングPCなら初期構成でSSD500GB積まれていることが多いですが、最低でも500GBは搭載しておきましょう。予算に余裕があるならSSD1TB搭載しておくと尚良いですね。

SSDは基本的に容量が小さめに設計されており、容量不足を感じる可能性もあります。なのでサブストレージHDD1TB以上、ゲームファイルを多く保存したいなら予算と相談し、SSD500GB程度の増設も検討しておきましょう。

15万円でおすすめのゲーミングPC3選!

予算15万円ゲーミングPCで理想値となるパーツを紹介しましたが、ここでは予算15万円前後で購入できるおすすめゲーミングPCを3つピックアップして紹介します。

15万円以下及び15万円前後の範囲でこちらの3つのゲーミングPCを紹介させていただきます。

どのゲーミングPCもCPU/GPUをはじめ、15万円前後で実現できる理想のスペックを搭載した製品です。

では見ていきましょう。

【パソコン工房】LEVEL-M0P5-R45-RBX

まず1つ目はパソコン工房より販売されているゲーミングPC「LEVEL-M0P5-R45-RBX」になります。

構成内容は以下の通りです。

CPURyzen 5 4500
GPURTX-3060
メモリ16GB
ストレージSSD500GB
価格149,980円(税込)

こちらのゲーミングPCはCPUが若干不安ではありますが、RTX-3060を搭載しているため「Apex Legends VALORANT フォートナイト」といった人気タイトルでは240fpsも実現可能なスペックとなっています。

少し予算があるのであればCPUをパワーアップし、SSDを1TBにしておきたいところではあります。ですが

少し重たいゲームでも設定次第では144fpsは可能ですし、初期構成でも十分パワフルなので、この先3~4年は安定して使用することができますね。

【レノボ】Lenovo Legion T550

2つ目はレノボより発売されているゲーミングPC「Lenovo Legion T550」になります。

構成内容は以下の通りです。

CPURyzen 7 5800
GPURTX-3060
メモリ16GB
ストレージSSD256GB+HDD2TB
価格149,600円(税込)

こちらは予算15万円で購入できるゲーミングPCの中では1番におすすめできます。

まずCPUとグラボですが、予算15万円の中では最強クラスです。初期メモリ16GBを32GBに変更するだけでゲーム配信+ゲームプレイも実現できるスペックとなっています。

SSDが256GBと不安ではありますが、サブストレージにはHDD2TBを完備しており、ストレージ不足になることは決してありません

ゲームプレイを重点的に考えている方、ゲームプレイ+クリエイターも考えている方のどちらにもおすすめできるゲーミングPCです!

【フロンティア】FRGAFH570/SG1/NTK

最後に3つ目、こちらは15万円から1万円オーバーしていますがおすすめできるゲーミングPC「FRGAFH570/SG1/NTK」になります。

構成内容は以下の通りです。

CPUCore i5 10400F
GPURTX-3060
メモリ16GB
ストレージSSD1TB
価格158,800円(税込)

こちらは予算15万円であれば約1万円オーバーしているゲーミングPCですが、おすすめする魅力はSSD1TBが初期構成となっている点です。

ゲームをたくさんプレイされる方、色々なゲームを楽しみたい方には大容量のSSDを搭載しているため、ロード時間に悩まされず快適なゲームライフを送ることができます。

CPUがパワー不足なのが欠点のため、予算がもう少し出せる方はCPUをパワーアップをおすすめします。

とはいえ、初期構成でRTX-3060を搭載していますし、ゲームをプレイする分にはストレスを感じません!

よくある疑問

ゲーミングPCを入手する手段としてはいくつかあります。具体的には「BTO購入」「中古購入」「PCを自作する」大きく分けてこの3つです。

よく目にする意見としては「別に無理して15万で新規購入しなくてもいいんじゃ?」「自作の方が安く済むんじゃないの?」という意見です。

このような意見を踏まえ、ゲーミングPCの中古購入、ゲーミングPCの自作について、メリットやデメリットを解説していきます。

中古で買っても良い?

結論を先に述べますが、ゲーミングPCの中古購入はどの価格帯の製品であってもおすすめはできません

中古PCは誰かが一定期間使用し、パーツも消耗しています。もちろん買い取った業者が清掃は行っていますが、状態を戻せるのは見た目だけですし、完璧に綺麗にできないこともあります。

パーツの消耗劣化を戻した状態で中古にしている訳ではないため、早期で故障する可能性があります。基本的に保証は適用されませんし、購入者の自己責任になります。

故障しても自力で修理できる知識があれば検討しても問題はありません。しかし知識がないのであれば、新品のBTOを検討した方が良いです。幸い15万円台でも優秀なBTOは豊富に展開されています。

自作した方が安くできる?

自作PCは、BTOと値段は「変わらない」or「高くなる」このどちらかであり、BTOより安くなることは基本的にありません

PCのパーツは供給不足などで価格高騰する恐れがあります。2021年ではコロナウイルスの影響により、半導体生産が追い付かずPCパーツの大高騰がありました。

加えてマザーボード・電源・PCケース・ファンなど、全てを自力で安く買い集める必要性があります。でなければ割高+保証無しで制作してしまう可能性がありますからね。

「配線が分からない」「電源の規格が足りなくて起動しないorすぐ落ちる」「故障した」なんて失敗話もよく聞きます。どうしても自作したいのであれば、知識がある人や経験者の人と一緒にパーツを買いに行って組み立てましょう。

正直なところ、そこまでの労力を使ってもBTOと比較して「値段が変わらない」or「高くなる」ため、普通にBTOを購入した方が断然いいですね。

まとめ

本記事では、予算15万のゲーミングPCに着目し、15万円で最大限の性能値を実現する各パーツ15万円のおすすめゲーミングPCを紹介しました。

紹介した内容を踏まえ、予算15万円でゲーミングPCを購入する際の目安は以下の通りです。

  • CPU= Core i7 Ryzen 7
    ゲームプレイ優先ならCore i5 or Ryzen 5
  • GPU=RTX-3060
    予算次第でRTX-3060Ti
  • メモリは最低16GB
    予算次第で32GB
  • ストレージは最低500GB
    予算次第で1TB

さらにRTX-4000番台の発売時期も発表されているため、現状15万円のゲーミングPCがセール販売される可能性もあります。格安で購入できるチャンスなので、セール売りされていれば購入待ったなしです!

販売ショップの動向を随時チェックし、よりお得にゲーミングPCを購入しましょう!